職人社長体験記

メールのアイコン

お問い合わせ

蚊が原因で年間70万人も亡くなる

ヒトスジシマカの幼虫
ヒトスジシマカの幼虫

ヒトスジシマカの蛹
ヒトスジシマカの蛹 唯一蛹でもピョンピョン動く

ヒトスジシマカの成虫
こわーい成虫

先日、テレビを観ていたら
ビルゲイツのブログで

人間を死に追いやる
人間にとって最も危険な生物は?が報道されていました。

3位は、ヘビで5万人

2位は、人間で47万5000人

1位は、何と「蚊」で、72万5000人
    蚊のうち マラリアが60万人

あまりにも意外で恐るべしです。
たかが 蚊 されど 蚊 

先日、ヒトスジシマカのデング熱対策セミナーが
神奈川県の川崎市であり、出席してきました。

代々木公園で発症した内容や
施した対策を聞いたわけですが

実際は、蚊の対策よりも
マスコミの対策の方が(詳しくは言えませんが)

何倍も大変だったという
皮肉な落ちというかなんというか・・・

年々温暖化の影響や人や物の行き来が多くなり
発声する人間にとっての害虫は変化しています。

それは、次回に・・・

シロアリでいえば、ヤマトシロアリやイエシロアリの生息地域が
どんどんが北上していますし、アメリカカンザイシロアリが入ってきており

トコジラミ(南京虫)は、昔の話ではなく
今年も、何件か依頼があり

少し前までなら、発生した方の家は
必ず東南アジアに旅行していたもんでした。

ホテルでいえば、東南アジア経由の
旅行者やビジネスマンでした。

数年前から変わってきたのは、
海外に行ったことがないけど

国内観光で、国内のホテルに泊まって
トコジラミをカバンや服に付けて拾ってきてしまったり

ある特定の娯楽施設で
拾ってきてしまうケースもありました。

他に業務用と言われ一般家庭には出ない
チャバネゴキブリも変わってきています。

ホテル・スーパー・百貨店・飲食関係では
当たり前に発生することは、一般の方にはあまり知られていません。

今までは知らなくてよかったのですが
これからは、あなたの家にも発生するかも・・・

先日も、一般のアパートに発生していました。
よくよく行動を問診してみると

私たちの周りに

お役立ち情報一覧